サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
台風(1)


台風11号と12号がもたらすグランドスゥエルとの
一期一会の出会いに、サーファーの関心が注ぎ
まくられている今日この頃。


各地台風の被害が懸念されており、少々不謹慎な気が
しなくもないですが・・・


逐一更新されるインターネットの天気予報の台風の進路に、
週末の行動を考え、サーファーの皆様は、
一喜一憂されているのでは。
(それにしても便利な世の中になったものですね)


ちなみに、非常に強い勢力で厳重警戒の必要があると
いわれている台風11号(アジア名:マーワー)。


24日0時には父島の西約500Kmにあり、このまま進むと
25日21時には東海地方付近に、26日21時には日本の東付近に
到達する見込みだそうです。


この付近の海域はシケ〜大シケとなるため、初心者の方だけ
でなくサーファー全ての方が、“時には辞める勇気”を持って
ポイントへ向かいましょう。



実は私もご多分にもれずインターネットの恩恵を享受している
人間でして、仕事の合間をぬってはネット上の天気図の台風の
動きをながめながらブツブツ言っておりましたところ・・・
“ん?”皆様気になりません?


<マーワー>

<グチョル>


これは、今回の台風11号と12号の名前なんです。


そういえば、天気予報で知らされる台風の名前が人の
名前みたいだったり、はたまた○○号って・・・普段、
台風の発生と経路には敏感なはずなのに、
あまり気にせずに流してしまっておりましたね、私は。


そこで、今回は台風につけられる名前について、
インターネットでちょちょいと検索してみましたが、
この続きは次回に★★
2005.08.24 Wednesday 02:02 | こネタ | comments(0) | trackbacks(0) |
サーフィンで人生が変わるか?




サーフィンで人生が変わるか?


人にそう聞かれれば
”イエス!”
私は胸を張って答えます。



人生のピンチにおいて幾度となく、心に平穏をもたらせ
てくれた”心のよりどころだった時期。


すぐ”死”がとなりにあることを感じさせながらも、
片側では通常の世界では感じることが出来ない感覚を体感させ、
「まぁ、いっか」でまた次のうねりでパドルさせる、
一種の麻薬みたいに感じていた時期。


サーフィンに対して理解を示し、私にとって最高の
理解者でもある妻との共通の趣味であり、
海の近くに住むことが二人の人生の目標となった時。


人それぞれサーフィンへのはまり方は違うでしょうが、
私の場合、これまでその時々の環境に応じて変化してきて、
これからサーフィンで人生が変わる分岐に差し掛かりつつあります。



でも、サーフィンによって人生が変わるということは、
海の近くに移り住むことや、毎日サーフィンが出来る
事だけではないと思いませんか?
(もちろん、そうなれば最高です)


はるか彼方から規則正しく押し寄せる数本のうねりや、
焼けるような夏の日の海、肌を優しくなぜる波の感覚。
スープで初めて立った時のその速さに驚いた瞬間や、
オーダーした新しいサーフボードがショップに届いた日の感動。


例えば、仕事のたまったデスクの上で、ギュウギュウに混雑した
満員電車の中で、つまらない講義を延々と続ける授業の合間に、
ふと思い出す”アノ感覚”に思いを馳せてしまうなんて事が
日常なんかだと、それだけでサーフィンで人生が変わりつつある、
立派な予備軍です。



人の人生さえも変えてしまうサーフィンについて、その魅力を
思いのままを書き記していきたいと思います。
2005.08.23 Tuesday 02:41 | サーフィンで人生が変わりますか? | comments(2) | trackbacks(0) |
サーフィンとの出会い〜beach girl編〜
生見海岸名物「G」マーク
beach girlとサーフィンの出会い・・・

2003年の夏・・・
それはbeach girlにとってサーフィンと出会った素晴らしい
最高のsummerであったラブ

[出会い]

2003年ゴールデンウェーク・・・
beach girlとテツは高知県にある生見海岸へ向かった
そこは多くのサーファーでにぎわうサーフィン専用の海岸であった。

まだ海開きもしていないゴールデンウィークだというのに、
海には、人人人・・・

そしてbeach girlは、そこで信じられない光景を目にする。


なっ・・・なんと波に人が浮いている!!
しかも薄い板だけで!!!

「あっありえない・・・」

サーフィン歴5年テツとは、付き合ってまだ2ヶ月だった。
テツは、いつも楽しそうにサーフィンを熱く語っていた。
その瞳はいつもキラキラとしていて
そんなテツをbeach girlは、とてもまぶしく感じてた

そして彼の愛するサーフィンというものにとても興味を抱いたのだった。

しかしbeach girlは、サーフィンの知識がほとんどなかった。
しいて言うなら、昔「beach boy」というドラマで、
マイク真木がしていた危険なスポーツ・・・その程度の知識だった

つづく・・・



2005.08.22 Monday 22:52 | サーフィン | comments(1) | trackbacks(0) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ