サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
サーフィンとの出会い掘beach girl編〜
テツに促されbeach girlはまず「パドリング」の練習を開始した。

「パドリング」(略してパドル)とは、水上を移動するために行う
動作のこと。サーフボードに腹這いになり、水泳のクロールのように
水を漕ぐこと。

これが、初心者にとっては、大大大・・・・大変なのである
パドルをしばらく続けていると、腕が棒のようになってくる。
さらに波を上手にかわさないといけない

波を上手にかわせないと転覆するか
もしくは、アッいうまに岸に戻されるありさま
beach girlは、何度も何度も転覆を繰り返した・・・

「負けてたまるか・・・」

見かねたテツは、気分転換にと波に乗る方法を教えてくれた。
初心者のうちは、岸近くの(インサイドという。)で波に乗る練習をする


タイミングを見計らって、向かってくる波合わせるようにパドルをはじめ
ボードが波に持ち上げられたと同時にボードが波とともに走り出す!!
そして華麗にtake offっっ!!!

・・・のはずだった。・・・・が

まったく立てない!!!!
ボードがふらふらして、安定感がまったくない!!!

何度か練習しているとその姿に見かねたのか知らないおじさんが
「もう少し厚めのボードにするとすぐに立てるようになるよぉ!」
とアドバイスをしてくれた^^:

そこで少し厚めのボードに変えて再チャレンジっっ!!

「おっっ!!!!!立てたっっ!!!」


この感覚はやみつきになりそうだぁぁラブラブ



↑この記事を、
1.面白いと思った!
2.う〜ん、イマイチ!
・・・のどちらの方もランキングサイトへGo!!!
blogランキング参加していますので、明日への活力を下され〜
2005.09.04 Sunday 23:06 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
アラスカのサーフィン事情
残暑が厳しい日本のサーファーの皆様へ。
少しは涼しくなる?ような、まるでエンドレスサマー2の冒頭を
思い起こさせるサイトを見つけました。

その名も、<グリズリー湾サーフ会社>
アラスカのサーフシーンの促進支援を目的として、2004年に設立されたらしく、活動は2005年5月から2006年4月までの間で、北カリフォルニアで活動するようです。



すっきりとしたサイトには、ポイントの紹介や、サーフウェアカタログ(実際にオーダーできるみたいです)があります。



それに冬の日本海のような波の色や風景の写真もかなり多く掲載されていて、ながめていると、「あーまたこんな季節が来るんや・・・」と少しブルーにならなくもないですが、これが割と良いブレイク!
次のサーフトリップは北カリフォルニア!!
とは私は思いませんでしたが、乗りやすそうな波でした♪



それ以外のコンテンツでは質問コーナーもあり、
Q.本当にアラスカでサーフィンしているんですか? 
とか、
Q.アラスカでサーフィンするとそれほど冷たすぎませんですか?の質問に対して、真剣に(?)答えてたりして笑えます。

興味のおありのかたは一度、ご覧になられては・・・
■Welcome to Grizzly Bay Surf Company■■
http://grizzlybaysurf.com/index.htm

2005.09.01 Thursday 22:37 | サーフィンサイト | comments(0) | trackbacks(0) |
サーフィンとの出会い供beach girl編〜




beach girlは、期待と不安を頂きつつ、
さっそくウェットの着替えに取り掛かった。


このウェットというのは、ゴム製で着るのには少々コツがいる。

初心者ということもありウェットを着るだけで相当時間がかかる上、
借り物だったためサイズが合わずウェットを着る作業というだけで、
beach girlの体力はかなり消耗していった・・・


やっとの思いで着替えが終わると、次は、サーフボードにワックスを塗るという作業が待っていた。
このワックスを塗るという作業は、一見簡単なようだが、
これがまたまた体力を消耗させる重労働であった。

ダーリン指導のもと、丁寧にワックスを塗っていると
食べたくなるような甘〜い香りが一面に漂った!
ココナッツの香りだぁぁ!!

ワックスは強いココナッツの香りを放ち気分はもう南国〜♪
体力を消耗していたbeach girlにとって
それがまるでご褒美のようで、とても気分をリラックス
させてくれたのだった



ワックス塗りも無事終了し、軽い準備運動を済ませ
足とボードをリーシュコードでぎゅっとしっかりと結んだ。

そしてエンジン全開っ!!!
beach girlは、いざっ大海原へ

ざぶ〜ん

「ひゃあぁぁぁぁ」
beach girlは大声を上げた!!!

まだゴールデンウェークということもあり、
水温はまだ低く、海はとてもとても冷たかった--;

続く・・・
2005.08.29 Monday 23:54 | サーフィン | comments(0) | trackbacks(0) |
グランドスゥエルじゃなかったけれど。
小沢見2
26日金曜日の夜。
予想に反して、台風11号が急に進路を変えて日本の東海上へ移動、
グランドスゥエルの恩恵はもはや望み薄な近畿地方の天気図です。
それでもサーフィンに行けるだけマシ!と奥様の仕事終了後に合流し、
私たち二人は鳥取県東部に車を走らせました。



最近は、西にも東にも選択肢のある白兎海岸周辺の駐車場に車をとめ、
朝方より、日本海に沿うようにして走る9号線を波を探しながら走るのが
パターン。



今回もそのつもりでいつもの駐車場に到着。
ついつい良く冷えたビールを飲んでいるうちに二人とも止まらなくなり、
知らぬ間に就寝。目が覚めたときはすっかり日の高く昇った午前10時!
急いで車から飛び出て海を見て<ガーン!!>せっかく来たのにモモぐらいのタルメのうねりしかない!海から上がってきたサーファーの話だと、朝イチはそこそこサイズがあったと言うだけにあきらめきれない!



西か東か。あれこれ迷っている間にどんどん波はサイズダウン。
エイヤーで車を西に走らせ、小さな湾のポイント小沢見へ。
「おおっ!波がある!」歓喜に沸く車内!
準備体操も早々に沖へパドルアウト。



沖から来たうねりは湾の左端をかすめ湾の中へ。こぶりで少したるめながらも形のよいグーフィーが姿を現す。風は、南西のオフショアからやや強め西のサイドオフショアは吹き続け、入ったときにはコシくらいのたるめの波でしたが、お昼に近づくにつれセットで肩くらいまでサイズアップ!その後は、サイズを下げながらも終日、モモ〜コシ程度はあったようです。




台風の後で非常に水も澄んでいて、ビーチブレイクのこのポイントでは、クリーンな波をライディング中にも海底の砂も見えるほど。
元々期待薄だっただけに、非常に楽しめた一日でした。




ちなみに、少し前に購入したツインフィンのレトロなボード。
やや厚めなレールにホレタ波では苦戦しがちでしたが、最近体重が増えてしまった体でも
波を捕まえやすく、非常に楽しい板です。



皆様、週末のサーフィンライフはいかがでした?
2005.08.29 Monday 00:50 | GO to SURF! | comments(0) | trackbacks(0) |
サーフムービー(1)
この間、アンドリュー・キッドマンの2作目、
「GLASS LOVE」のDVDをついにオーダー!



デュアルフィンのフィッシュボードで、
かなり厚みにボリュームを持たせた短めのボードを
購入する際に存在を知ったのがこのサーフムービー。


なんでも、ロングボードが全盛期だった1960年代後半から
ドンドンボードのサイズが縮小されてゆき、
最終的に今のショートボードに行き着く間に、
生まれたムーブメントがあり、その時に流行したのが、
大きく切れ込んだフィッシュテールと、
たっぷりとした厚みと幅のボードらしく、
私が購入したボードもその当時、流行したボードの
フォームを使った復刻版です。


生活の中にあるものすべて含め、古くて新しいデザインにひかれ、
ふと気になるとそれらが70年代のいわゆるレトロ。
もうオヤジな私の年が関係あるかどうかは別として、
この魅力的な70年代のサーフスタイルが凝縮ということなので、
こりゃ買わんとあかんでしょう?
なわけで「GLASS LOVE」です。


届き次第、皆様に感想をご報告しますね!
2005.08.26 Friday 02:29 | sunny beach的サーフムービー | comments(0) | trackbacks(0) |
台風(2)


インターネットを使ってちょいちょいと調べてみると、ありました!
非常にわかりやすく解説しているサイトです!

■北本朝展/国立情報学研究所http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/tcnames.html.ja#2.4

このサイトによりますと、台風の命名は大きく分けて二通りで、
ひとつは、日本でも非常に馴染みの深い呼び名、台風○○号は、
台風シーズンに発生する順に番号がつく「番号方式」と呼ばれています。



もうひとつは、マーワーやグチョルは、リスト方式と呼ばれる方式で、
世界の気象機関が設置する委員会で、あらかじめ決定しておいた
台風名のリストから、台風が発生するたびに順々に名前を選んでゆく
方式だそうです。(知らなかったでしょ?)



それに、アメリカに上陸した台風の名前に女性の名前が多いと
気になったことはないですか?
私は台風の与える猛威と名前のギャップが印象的で・・・



その理由ですが、台風名のリストを作成する際、米国空軍や
海軍の気象学者らが、彼らのガールフレンドや妻の名前を
愛称として使ったことから、女性の名前のみが使用される事に
なったのが原因だそうです!!



でも、その後、男女同権に反するということで、
1979年以降は男性と女性の名前が交互に用いられております。



また、この人の名前は、特に米国ではハリケーンに親しみをもたせ、
人々の記憶を助けるものとして効果も発揮したそうですよ。



ちなみに台風のアジア名(今回のマーワー、グチョル)というのも
あり、これらには人名へのこだわりはなく、動植物や自然現象などが
中心でかなり多彩!



<北本朝展/国立情報学研究所>のサイトには、アジア名ほか台風・
気象に関するコンテンツがたくさん掲載されていますので、
海がクローズのときなどは、グランドスゥエルに思いを馳せながら、
ご覧頂くのも良いのでは。。。
2005.08.24 Wednesday 22:32 | こネタ | comments(0) | trackbacks(0) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ