サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
■70’s
70's。

なぜか古くて新しい気がする時代だ。


私の生まれは、1970年(昭和45年)。
オギャーと生まれたばかりこの年には、

赤軍派 よど号ハイジャック

70年安保闘争

大阪万国博覧会

三島由紀夫、割腹自殺

カップヌードル発売

第5回 全日本サーフィン選手権大会 新島
ジュニア:青田琢二
メン:川井幹雄


などがあったらしい。

生まれたころの話を母親とすると、”大阪万国博覧会”などは、お腹のなかでは見学したと言うが、想像だにつかない事を言われても感慨も無い。。。


70's。
当時、日本はサーフィンブームが巻き起こる。

陸サーファーなる人種が出現したのも、この時期らしい。

会社の当時サーファーだった先輩によると、 
サーファーというだけでもモテタらしく、サーフィンの格好良さに素直に憧れていた人も多く、彼らのボードは車のキャリアにボルトで止めらたまま街を走っているなど、今考えれば、不思議な光景も普通に見かける時代だったそうだ。

しかし、私はオギャー&ヨチヨチだったはずのこの時代の産物、ひいては、この「70's」という数字が付いているだけで、なぜか心がひかれる。

「70's」という文字の入っているTシャツやサーフムービーなど片っ端から
買いそうになる。

この一種の麻薬に近い「70's」。

これを探求すべく、当時のカルチャーやサーフシーンを魅力的に取り上げているサイトやブログを、半ば強引にリスペクトして紹介してゆきます!(つづく)



「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.26 Wednesday 03:18 | リスペクト70's!! | comments(0) | trackbacks(0) |
■こんなはずやなかったのに・・・
有料波情報サイトによると、23日(日)は、和歌山 磯ノ浦、高知 生見・尾崎はスネ〜setヒザ、日本海 鳥取のポイントは東も西も頭〜set頭半のクローズコンディションだった模様。
-----------------------------------------------------------------
先週半ばの時点で、私の仕事の都合上で海に行けないことが既に決定。

そんな時の週末はきまって映画鑑賞と酒三昧という大変贅沢で怠惰な時間を私たち夫婦は過ごします。

あかん!このままではホンマに引きこもりになる!

危機感をもった私たちは、なまった精神と上腕三等筋に「喝!」を入れるべく、意を決して近所の温水プールに出かけました。

しかも最初からゴーグルとキャップを持参という気合の入れようです。

私の場合、海にいけない日が続く時は、自宅でパドルチューブと筋トレを続けていたけど、最近の忙しさからサボり気味。

今回はちょうど良いトレーニングになるぐらいと、鼻歌交じりの余裕たっぷりでプールに入水。


それもそのはず。

なっていったって、私はこれでも小1〜小6まで6年間のスイミングプール通い経験者。それなりにぶいぶい言わせてきておりまして。

当然でしょ?

といわんばかりの泳ぎ出しは、いきなり全速力のクロール・・・が!

「ごぼぼぉおおお!」

25mプールの到着手前で意外にも体力が尽きかけパニックに!
水を大量に飲んであやうくドザエモンで、新聞沙汰に。。。

あきまへん!年月は私をすっかり違う生き物に変えております!

やっぱり人間は謙虚さが一番。
そこで人生の荒波にもまれて学んだセオリーを思い出すことに。

今度は、初心者のようにゆっくりと、しかし全身の筋肉を使うように泳ぐことを心がけ再スタート。

クロールと平泳ぎを織り交ぜ、25mを10往復。

「やればできるやん!そうや、昔からそうやった!」

自分に言い聞かせることで、しり上がりに感を取り戻してきた私。

今度はしっかりと腕で水をかくことと、肩周りの筋肉を使うことを意識しながら、更に10往復・・・

筋肉が温まり、温水とは言えめちゃくちゃ温かいわけではないのに体はポカポカと汗ばむくらいに。

「あーいい汗かいたぁ〜」

キタジマコウスケぶりに余裕の【気持ちいいぃ〜!】と、
叫びそうになった時、ふと、何気に視線は隣のレーンへ。

そこはおそらくウチの母親や父親と同世代のスイマー10人ほどで、コーチの合図にしたがってドンドン泳ぎだした・・・・え!?

「はやっ!」

しかもめちゃくちゃハイペース!休み無く、ばんばんクイックターンで折り返す、おじちゃんやおばちゃんたち。。。

「あかん、やっぱり人間は謙虚さが一番や」

と逃げるようにロッカールームに引き上げる私の耳に追い討ちをかけるように、おじさんやおばさんたちの笑い声。

こんなはずやなかったのになぁ・・・

再起を近い、私は市民プールをあとにしたのでした。(つづく)



ウチの嫁さんはアフタースイミングまでブログってます。
http://app.blog.livedoor.jp/sunnybeach1/tb.cgi/50158738



「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.24 Monday 05:03 | ワタクシゴト(管理人の横顔) | comments(0) | trackbacks(2) |
■Surfing. That's all.
東京駅19:50発の「のぞみ」に乗って新大阪へ。
朝から続いた出張もようやく終了し、ようやく大阪に帰れます。


寝てしまうのももったいないなぁと思い、新幹線に乗り込む前に
立ち寄った本屋で「NALU」と、売店で大好きなカツサンド&ビールを購入。

今から新大阪までの2時間30分間、列車の中でサーフトリップすることにしました。


私はショートボードに乗っていますが、サーフィンライフやSURF1のような雑誌より、サーフトリップジャーナルとか、NALU,ON THE BOARDとかの雑誌を良く買います。 前から思っていたのですが、ショート乗り向けのメローな雑誌って少ないような気がしませんか?

だから、自分はロングには乗りませんが、ライディングシーンやゆったりとした雰囲気が大好きなので、どうしても読む雑誌が偏ってしまいます。


ちなみに今月のNALUの特集は、サーファーなら誰もが憧れる聖地
       【だから、ハワイで暮らす。】
どうです?買いでしょ?


格闘家、

シェイパー、

サーフ・ショップ経営、

留学生、

そして庭師。

夢のハワイ暮らしを手にいれた立場も環境もの異なる5名のサーファーが、ハワイで暮らすことに至ったエピソードと共に紹介されていて、十二分に私をハワイにいざなってくれました。

そして自分の「南の島で暮らす」という目標。

これについても考えさせられましたねぇ、このまま出張族なんかでいいの?なんて(笑)。


でも、特集の最後あたりに書かれていた文章で、


「なぜ、ハワイに移住したのですか?」
Why do you live in Hawaii?

「サーフィンがしたい。ただ、それだけ」
  Surfing. That's all.



これは今回紹介された5人の共通項。

<なぁんや、俺も同じこと考えてるやん。>

私はこの様に考えている自分に改めて気が付かされ、既に楽園への切符の半分手に入れている気がしました。




「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.20 Thursday 02:28 | ワタクシゴト(管理人の横顔) | comments(2) | trackbacks(0) |
■祝!相互リンク!!
この度、サーファーにしか分からない世界がある!という名キャッチコピーでおなじみの、あの【SURFERSITE】さんに相互リンクして頂きました!


【SURFERSITE】さんのサイトは非常にコンテンツとリンクが豊富で、私たちサーファーのツボをしっかりとおさえられていて、sunny beach的にもナイスなサイトです!!
※サイトトップページの<COOL SITE DIRECTORY>コンテンツ内の、パーソナルに掲載して頂いています!


【SURFERSITE】さん、どうもありがとうございます!!


ということで、【SURFERSITE】さん経由で、サーファーの皆様が当ブログに来ていただいているようですので、ご挨拶を。


どうも、はじめまして!管理人のテツです。
私は皆様と同じ、NO SURF,NO LIFEです。


今は、頻繁にサーフィンに行けるような恵まれた環境ではないですが、いつかは、「南の島で暮らす!」ことを目標にしています。


このブログでは、ガンガン海に行ける人はもちろん、忙しくってなかなかサーフィンに行けないって人にも、海を感じていただけるようなサーフスタイルや情報などをお知らせ出来ればと思っています。


今後ともよろしくお願いします!



「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!



2005.10.19 Wednesday 15:14 | サーフィンサイト | comments(1) | trackbacks(1) |
■やっぱ広島のシンボルじゃけん!
今日は広島へ行ってきました。(出張ですが・・・)
同僚であり、海友のこっしぃも同行です。

つい最近、広島にはケツメイシのライブで来たのですが、しっとりとした落ち着いた街の雰囲気に、すっかり広島のファンになってしまいました♪


広島と言えば・・・(いきなり!)

広島焼き♪

牡蠣♪

尾道ラーメン♪

原爆ドーム♪

宮島♪

広島カープ♪

えーと、奥田民雄?


さー!広島を満喫するぞぉお・・!と思いきや、残念ながら今日はどれも楽しむ余裕と時間はゼロ(出張ですからぁ)。

その替わり広島の街のシンボル、路面電車に乗りました!



広島電鉄株式会社によって運営されている路面電車は、大正元年の創業以来、「もっとも気軽」な交通手段として親しまれているそうです。


どことなくノスタルジックな雰囲気が漂う路面電車は、非常に広範囲まで路線が敷かれており、乗り継いでゆくと、広島駅前からなんと宮島まで行けてしまうので観光にも非常に便利!!


それに、大正元年創業当時の電車を復元した車両や、広島市の姉妹都市であるハノーバー市(ドイツ)から寄贈された車両を復元したレトロ電車も走っているそうです。


波はなくても、ぜひまた訪れたいお気に入りの地域のひとつです。



<グルメも観光も広島を満喫!私の奥様さまのブログです!>◇まんまみーや(広島グルメレポ)
http://app.blog.livedoor.jp/sunnybeach1/tb.cgi/50105342

◇原爆ドームレポ
http://app.blog.livedoor.jp/sunnybeach1/tb.cgi/50112272

◇広島の情報満載!広電グループオフィシャルHP
http://www.hiroden.co.jp/




「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.19 Wednesday 03:21 | ワタクシゴト(管理人の横顔) | comments(1) | trackbacks(0) |
■波とボードのシンクロが織り成すエクスタシー!
前から欲しかったツインフィンのフィッシュボードを購入しました。

これがまた、ぽってりとしたレトロなフォルムのサーフボードで、
非常に愛らしいボードです。



サイズは、5.7. 21. 2.7/16(長さ170.2cm幅53.3cm厚み6.2cm)。
厚みも幅もサイズのあるボードだったので、
どんな乗り方になるのかとめちゃくちゃ楽しみにしてたけど、
なかなか海に行ける機会が訪れない。。。

まるで蛇の生殺し・・・な状態で、せめてNEWボードのライディングの
イメトレにしようと思って買ったのが「GLASS LOVE」です。


GLASS LOVE
GLASS LOVE

映像を手がけるのは、若き映像作家、アンドリューキッドマン
実はこの作品は彼の2作目で、前作もかなりメローなサーフムービー。

「GLASS LOVE」のオープニングタイトルあと、ノスタルジックな気分にさせる音楽と、きらきらと金色に輝く水面の上を、ゆったりと滑るように走るロングボードの上で、まるで自由奔放に波と戯れるダンスのようなライディングを見せるシルエットの女性。 冒頭からこれまでのサーフムービーへの固定概念を覆させられる映像です。

作品は、大自然と素晴らしいバレル、そして、サーフィンをこよなく愛する人たちのサーフスタイル、そしてお目当てのレトロなフィッシュボードや、ショートボード、ウッドボードなど、時代にも長さにもとらわれない複数のボードによるライディングシーンが、ゆったりとした音楽に合わせて繰り広げられ、見終わった後のなんとも言えない心地良さに近い感覚を味わえる。

これは、全編に込められたボードと波の一体化が、さまざまなライディングシーンによって描かれていて、それによって到達するエクスタシーを感じたからだと思う。

「サーフィンをしてて何が一番快感であるのか?」
 
に対するアンドリューキッドマンなりの答えが、この「GLASS LOVE」なのかも知れない。


そして、字幕がない映画なので添付されている日本語訳にも目を通してみると、共感の得られた部分を見つけた。 それは、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は歳をとり波乗りの技量が衰えようとも、
心が身体に取って代わる事も知った。

肉体が衰えても努力を続ければ依然として100%でいられる。

私のサーフィンが衰えようとも、そこから得られる喜び、
報酬は依然として完璧で、得るべき価値のあるものである。

(※日本語訳:スティーブ・ペズマンのインタビューより引用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という部分。

私自身が、一生涯、サーファーでいたいと思う理由をシンプルに言いあらわしてくれていて、気持ちの良い言葉で、sunny beach的にかなり充実した作品であったと思います!


◇GLASS LOVEの完全解説(日本語訳)はコチラ!


◇ニール・パーチェイスJrが披露したライディングはこのボード!



「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.17 Monday 04:00 | sunny beach的サーフムービー | comments(0) | trackbacks(0) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ