サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
◇めっちゃエエ波! 千葉 片貝漁港


太平洋岸に緩い弓なりの曲線を描く、砂浜と松林の緑が美しい
九十九里浜海岸。
そのほぼ中央の作田川河口に位置するサーフポイント、片貝漁港。
このあたりの海岸は古くからの農漁村地域で、
江戸時代には地引き網による鰯漁が活況を呈していたということからか、
ポイント付近の町並みはどことなく港町の雰囲気。 
この日は、7月初旬の週末。まだ海開きをしていないせいか、
いたってのんびりムードが漂っていた。

サーフィン用に、関西から引越しと同時に購入したカーナビを頼りに、
早朝、漁港にたどり着いた。 

あいにくこの日のコンディションは曇り。
おまけに、どんよりと低く垂れ下がった灰色の空から、
今にも雨粒が落ちてきそうだった。




とりあえず、まずは波チェック。
作田川に沿って沖に突き出している防波堤から、生まれて初めて千葉の海を眺めた。

片貝魚港は、左右堤防に囲まれているので風の影響は受けにくく、
北〜西寄りのウネリを幅広く拾う。
また、首都圏からのアクセスも容易ということで人気のポイント
であることから、既にこの日も多くのサーファーが沖に出ていた。





はやる気持ちをおさえ、最近購入した真新しいロングスプリングに
袖を通し、板を抱えてビーチへ。 
準備体操も早々、先に海に入っているサーファーに気を使いながら
アウトに出ると、まるでその瞬間を待っていたのか、
じょじょに波がまとまりだし、やがて、遠浅のビーチが作り上げる
トロ厚い形の良いウネリが姿を見せはじめた。


波の雰囲気は関西のポイントでいうと和歌山磯ノ浦、通称イソコ。
しかし、地形が良いのか。トロ厚めの波は形を崩さず、
一本の規則正しいラインとなりそのままビーチまで打ち寄せる。
こんなエエ波は、なかなかイソコではお目にかかれない。



波を選び、パドリング。
厚めの波を捕まえたボードは次第に加速する。
ゆったりとしたテイクオフ、そしてボトムターン。
レギュラーに走るボードは、非常にリラックスしたスピードで
体を岸まで運んでくれた。
その後も何本も何本も同じようなライディングを繰り返すと、
思わず心地良さで勝手に顔がニヤケてきた。


やがて頭ぐらいのセットが入り始めた。
アウトから波を捕まえたロングボーダーが、波のパワーを最大限活かした
ライディングで目の前の波のフェイスを切り裂いて行った。
その力の抜けたライディングに目を奪われる。


結局、この日は終日サーフィンを楽しめた。
初めての千葉で、しかもめちゃくちゃエエ波。
サーファーの醍醐味を感じたエエ一日であった。


■オススメぶろぐ
〜千葉・片貝アフターサーフ編〜
http://app.blog.livedoor.jp/sunnybeach1/tb.cgi/50607069


2006.07.22 Saturday 01:01 | GO to SURF! | comments(6) | trackbacks(1) |
◆この夏、サーフミュージックにはまる!
ムーヴ・バイ・ユアセルフ

最近、新ジャンルのように感じる“サーフミュージック”。
その流れをたどってみると実は、90年代のオルタナやポスト・ロックなどの動きとリンクしつつ、米国のロック・シーンで起こった新しい動きを踏まえつつ、よりメロウかつフォーキーに西海岸のサーファーたちが気ままに奏でたのが、今の“サーフ系”であるらしい・・・

実を言うと、私は音楽がめちゃくちゃ詳しいわけではない。もちろん語れる知識なんてない。好きではあるけど。けど、サーフィンが終わった後のマッタリとする瞬間や、サーフポイントに向かうドライブ、日常と切り離されてすべてを忘れてゆく瞬間とかに実際に聞いてみると、なるほどなるほどぉ。それぞれのサーフシーンでフィットする心地の良い、いわゆる「エエ音楽」であることは間違いない。

今、ヤフーミュージックでは、「Yahoo!スポーツ サーフィン」が セレクトした”サーフミュージック”特集を行っている。
◆Yahoo!スポーツ サーフィンが選ぶサーフ・ミュージックhttp://magazine.music.yahoo.co.jp/must/20060718_001


現役プロサーファーとして活躍しているドノヴァン・フランケンレイターや、おなじみジャック・ジョンソン。カリフォルニア出身のサーフガール トリスタン・プリティマン、日本のサーフミュージック代表 Caravanなどのアーティストの“サーフミュージック”タイトルが、CDの解説とともにずらりと並び、気に入ればすぐに購入できるうれしい企画。

これを機会に、「エエ音楽」の1枚を見つけるのもいいかもしれない。

ちなみに、2006年7月30日(日)には、鎌倉由比ガ浜にて、音楽とサーフィンをこよなく愛すドノヴァン・フランケンレイターのスペシャル・ライブが決定されている。

この夏、まだまだ“サーフミュージック”はヒートアップしそうだ。


◆視聴できる参考サイト(でも、購入はヤフーミュージックで)
『MOVE BY YOURSELF』
ムーヴ・バイ・ユアセルフ

http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/donavon_frankenreiter/uicm1040.html

『In Between Dreams』
イン・ビトウィーン・ドリームス

http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/jack_johnson/uicu1085.html

『twentythree』
トリスタン・プリティマン

http://www.toshiba-emi.co.jp/intl/special/0508tristan/

『Wander Around』
Caravan

http://www.oricondd.com/package/index.php?itemcd=644307&samecd=1

『Lemonade』
Gラヴ

http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/GLove/

◆最近うわさの“サーフミュージック”を理解したい!というサーファーには、こんな優れサイトも見つけたので要チェック!
サーフロック サーフロック基礎知識〜洋楽編〜
http://music.kansai.com/sp_live/index_050929_2.html
2006.07.19 Wednesday 21:50 | サーフミュージック | comments(1) | trackbacks(0) |
□6月18日(日)はインターナショナル・サーフィン・ディ!
サーフライダー・ファウンデーション(Surfrider Foundation)という団体をご存知ですか?

サーファーやボディボーダーの視点から環境保護活動を行っている世界的規模な団体で、1984年にアメリカで発足、日本では1993年に産声を上げた同団体は、日本のサーフポイント及び海辺の環境を守ることを目的に活動しているそうです。

そんな志の高い団体が、6月18日(日)に、「インターナショナル・サーフィン・ディ」という記念日を祝うというイベントを通じて、多くのサーファーやボディボーダー、海を愛する人たちに、海や砂浜の危機状態により深い関心をもつきっかけを作ろうとしている。




といっても、難しいことや特別な事は何にもなし!!

まずは、

1.自分のお気に入りにポイントで、思い存分サーフィンを楽しむ!

2.その帰り、心をこめてビーチにあるゴミを拾って帰る!
 

の2つだけ!簡単でしょ?


また、サーフライダー・ファウンデーション・ジャパンでは、「インターナショナル・サーフィン・ディをお祝いして、ビーチで楽しんでいる様子、ビーチクリーンアップをしている様子などなどそれぞれ思い思いのイベントの様子をS.F.Jまで写真付きで報告すると、DVDやTシャツ、プロのサイン入りステッカーのプレゼントなどを企画して、イベントを盛り上げようとしています!


アメリカ西海岸、東海岸、メキシコ湾岸、ハワイ、その他プエルトリコなどの各地で開催されている世界的なイベントに参加することを通じて、また、この日に参加できなくてもこのような活動が行われていること知ることを通じて、ひとりでも多くの人に愛する海やサーフポイントの尊さ考えるきっかけなれば・・・と思いました。


◆サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン
http://www.surfrider.jp/
2006.06.17 Saturday 18:19 | 環境 | comments(3) | trackbacks(0) |
【お知らせ】日本最大のポータルサイトにサーフィンサイト発見!
YAHOOスポーツで、日本全国の今日の波情報とサーフィンにまつわるニュースなどが充実したサーフィンサイトを発見。

波情報は日本全国のサーフポイントの紹介と、今日の波情報と、波高、ウネリ周期、予想天気図による波予測が126時間先まで可能!!ちなみにこの「126時間先」というのは、約5日先!また、サーフィン情報は、WCT,WQSなどの大会レポートもアップされており、非常に楽しめる内容。ブログのネタはここで集まりそう〜

上記以外にも有名人のインタビュー、ブログやサーフィンの知識、環境などサーファー向けのコンテンツ、サーフィンのお役立ちグッズの販売、掲示板、クーポンの使える宿泊施設、保険などの情報も掲載されていて、PCの前で、サーフィンの準備がそろえてしまおう〜というイメージのサイト。

ちなみに私事ですが、この週末は、神奈川に引越し後の初めてのサーフィン。どこに行こうか、このサイトを参考に決めてみます!

■YAHOOスポーツ サーフィンサイト
http://outdoor.yahoo.co.jp/surfing/index.html
2006.06.08 Thursday 13:16 | サーフィンサイト | comments(0) | trackbacks(0) |
■FLIGHT TO HAWAII!!
ハワイアンミュージックとの出会いは、以前にも紹介した名作、1976年に製作されたサーフムービー【メニィクラシックモーメンツ】。
※ブログ:永遠に、記憶の中に焼きつく一瞬。【メニィ・クラシック・モーメンツ】

オーストラリア、ハワイ、ジェフリーズベイの最高の波で、マイケル・ホーやマークリデルらが繰り広げるパワフルなライディングシーンの数々。今みても新鮮なレトロボードや熱気が伝わってくるビーチシーンのサーフファッションは、その全てが古くて新しい。

そして、それらのどのシーンにも程よくマッチしていたBGMを担当していたのが、カラパナというハワイアンミュージックバンドだ。

やがて、彼らをたどってゆくうちに、ハワイアンミュージックのアルバム 【FREE SOUL FLIGHT TO HAWAII】にたどり着く。
  
先のカラパナに加え、マッキーフェアリーバンド、テンダーリーフなど、70年代のアーティストの代表曲をぎっしりつめたフリー・ソウルシリーズのサマーコンピレーションアルバムだ。

グルーブやカントリーロックなど、非常に心地の良い曲のセレクトがなされていて、ハワイアンミュージックビギナーの私にも非常にスムーズに受け入れることができた・・・というより、はまった、という言葉の方が正しい。


例えば・・・

仕事を早めに切り上げ、お気に入りの車で海に向かう週末の夜に。

海沿いのビーチハウスで、仲間を集めてのガーデンパーティで。

ルームライトを消すと、まるで波の音が聞こえて来そうな、
ビーチサイドホテルの部屋で。

パームツリーのシルエットの向こう側に、漆黒に溶け込んだ湾の
手前に浮かぶワイキキタウンのネオンの眺めを見ながら。

夕暮れ、サーフポイントの駐車場から出る至福の時間に。



まさに聞くシーンを選ばない、大人が楽しめるアルバムである。
次のハワイへのサーフトリップには、必ずトラベルバックに忍ばせてゆこうと決めた、この夏にぴったりの1枚だ。


:カラパナ
メニー・クラシック・モーメンツ
メニー・クラシック・モーメンツ
:マッキーフェアリーバンド
マッキー・フェアリー・バンド
マッキー・フェアリー・バンド
:テンダーリーフ
Tender Leaf
Tender Leaf
2006.05.15 Monday 22:34 | サーフミュージック | comments(0) | trackbacks(0) |
■2006 Intro
ようやくブログが再開できた。
長かった。
更新できなかった間、ほとんど自分のブログを見ようとはしなかった。
たかがブログ。 されどブログ。
自分なりには真剣に取り組んでいたので、
まったくモチベーションのあがらない状態でブログのテーマと向き合うのは、どことなく辛かったのかもしれない。

仕事に、日々に、流され、海からも遠ざかりつつあったのも事実。
「あーサーファーじゃなくなってゆくって、こんな感じなんかなぁ」
と考えつつ。でも、実感はあっても日常が変わることはなかく、
完全に自分の気持ちの良い方とは逆に、針が振り切ってしまっていた。

そんな折、会社から突然、東京への転勤が言い渡された。

35歳半ばからの東京―

正直色々、考えることもあったけど、結局、行くことにした。
嫁さんも快く同意したくれたのも、かなり後押しとなった。

そのあたりから少し流れが変わった気がした。
まるでよどんでいた部分に流れが生まれたような感じ。
今、着々と進みつつある新居での暮らしは、
明らかに、海のリズムを感じる暮らしとなりそうだ。
そして、湘南や千葉のどのポイントに行こうか、と、
考えただけでも胸がおどる。

前向きにやって行く。これも何かのチャンスなはず。
完全に振り切ってしまっていた針を戻そう。
ブログにもようやく取り組めるようになった。
そして、どうしても一番最初のブログは、自分の考えを
まとめたものからスタートしたい、そう思い続けたこのイントロも、
ようやく書ききることができた。

これまでの自分の生活は完全にバランスを崩していた。
サーフィンが楽しくなくなる一歩手前だったと思う。
ブログが更新できなくなっていたのがまさしくその証拠。
そして幸運なことに環境をガラッと変える機会に恵まれた。

私はやはりサーファーである。その思いに忠実に。
この転機に、自分なりに海のリズム暮らすことが出来る
バランスの良い生き方・働き方を見つけたいと思う。

最後に。
偉大なるレジェンド ジェリーロペスの印象的なインタビューの一文。

全てのことには両面があり、かたよってしまってはバランスを崩すのです。
それによってサーフィンがあまり楽しいものでなくなってしまえば、
サーフィンからだんだん離れてしまうことになる。 
だからこそ、気をつけなけないといけません。
あなたの大切なサーフィンを失わないためにね。
(判佝納辧岾こ據廚茲蝓


2006.05.15 Monday 21:07 | サーフィンで人生が変わりますか? | comments(1) | trackbacks(0) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ