サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
台風(2)


インターネットを使ってちょいちょいと調べてみると、ありました!
非常にわかりやすく解説しているサイトです!

■北本朝展/国立情報学研究所http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/tcnames.html.ja#2.4

このサイトによりますと、台風の命名は大きく分けて二通りで、
ひとつは、日本でも非常に馴染みの深い呼び名、台風○○号は、
台風シーズンに発生する順に番号がつく「番号方式」と呼ばれています。



もうひとつは、マーワーやグチョルは、リスト方式と呼ばれる方式で、
世界の気象機関が設置する委員会で、あらかじめ決定しておいた
台風名のリストから、台風が発生するたびに順々に名前を選んでゆく
方式だそうです。(知らなかったでしょ?)



それに、アメリカに上陸した台風の名前に女性の名前が多いと
気になったことはないですか?
私は台風の与える猛威と名前のギャップが印象的で・・・



その理由ですが、台風名のリストを作成する際、米国空軍や
海軍の気象学者らが、彼らのガールフレンドや妻の名前を
愛称として使ったことから、女性の名前のみが使用される事に
なったのが原因だそうです!!



でも、その後、男女同権に反するということで、
1979年以降は男性と女性の名前が交互に用いられております。



また、この人の名前は、特に米国ではハリケーンに親しみをもたせ、
人々の記憶を助けるものとして効果も発揮したそうですよ。



ちなみに台風のアジア名(今回のマーワー、グチョル)というのも
あり、これらには人名へのこだわりはなく、動植物や自然現象などが
中心でかなり多彩!



<北本朝展/国立情報学研究所>のサイトには、アジア名ほか台風・
気象に関するコンテンツがたくさん掲載されていますので、
海がクローズのときなどは、グランドスゥエルに思いを馳せながら、
ご覧頂くのも良いのでは。。。
2005.08.24 Wednesday 22:32 | こネタ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2007.05.14 Monday 22:32 | - | - | - |









http://sunny-beach.jugem.jp/trackback/4

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ