サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
■手放せないサーフストーリー「波乗りの島」
私がどうしても手放せないサーフストーリがある。

例えば、出張が続き、仕事が詰まって息苦しい、まったく海に行けてない、
そんなイライラをスッと落ち着けてくれる清涼剤、そしていつ読んでも、
終わらない夏にいざなってくれる、それが、片岡義男の著書【波乗りの島】だ。


かなり昔に古本屋で手に入れた本で、表紙がボロボロになった今でも、
私の愛読書となっており、たえず出張カバンに忍ばせる1冊。
1980年に発行された【波乗りの島】は、ハワイを舞台にした6つのサーフストーリーと、当時の町並み、ビーチ、ビッグウェイブに立ち向かうサーファーの姿など印象的な写真11点がまとめられている。

表紙をひらくと、読み手は、まずこのハワイの美しい情景を目の当たりにし、遠くハワイに思いを馳せたあと、著者のサーフストーリーに導かれる。


そして肝心のサーフストーリーは、まず表紙開いた折り返しの文章。


真冬のアリューシャンに嵐が吹き荒れます。
その嵐で生まれた波は、巨大なうねりとなって太平洋を渡り、
ハワイ諸島に到達します。



短いこの文章に、はるか遠く真冬の嵐が生み出したうねりが、温暖なハワイにすばらしいうねりをもたらす素晴らしい波のイメージが私の脳裏に焼き付けられました。


そして「アイランド・スタイル」というストーリーでは、

岬の先端からその沖合い100メートルほどのあいだに、
湾の入り口を南の岬から北の岬までぴったりとふさぐように、
数百メートルの長さの直線のうねり波が五本、
おたがいに距離を置きあい、
沖から順に盛り上がった。



や、

夜の南太平洋をうねってきて、
ついに乗りあげた浅瀬のうえで、
夜空にむかい限度いっぱいまでせりあがりきった波は、
前方の空間へアーチのように張り出してゆく。



など、なんども繰り返される波の営みの様子や、チューブが出来上がっていく様など、全編に渡ってサーファーを刺激する波の様子が、著者の創造力で豊かに表現されている。


また、6つのサーフストーリーにちりばめられたハワイの情景と、そこで生きるサーファーたちの姿には、文章を通して生暖かい息遣いを感じる気がするほど物語に引き込まれてしまう。


海がすぐ近くにあるわけでもなく、また頻繁に行けるほど恵まれた環境ではないサーファーが、いつも波やサーフィンを身近に感じることが出来る方法は、良質のサーフストーリーに出会うことで、それによって満たされる部分もあると私は思う。


忙しくても、波やサーフィンの素晴らしさを身近に感じていたい、そんな人にオススメの1冊です。



「最近読んだお気に入りのサーフィンストーリーは?」
海に行ける人もいけない人にもいつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、サーフスタイルブログを目指します!そのパワーをポチッとくだされ〜
2005.10.04 Tuesday 23:24 | サーフィンにまつわる本 | comments(0) | trackbacks(0) |
■南海楽園  武田 圭
南海楽園―タヒチ、バリ、モルジブ…サーフィン一人旅
南海楽園―タヒチ、バリ、モルジブ…サーフィン一人旅
武田 圭

素晴らしい本に出会いました!読んでいて、いてもたってもいられない!
今スグ、サーフトリップに行かないと!サーファーならではの感動を与えてもらえる本です。

著者は、武田 圭。
1961年東京都生まれ、幼少時より湘南で育ち、サーフィン歴は20年以上。
理想の波を求めて、仕事と休暇をやりくりしながら世界各地にサーフボードを抱えて旅を繰り返しています。

数多くの海外へのサーフトリップ経験を持つ著者が、サーファーだけではなく、海や旅が好きな人にも波乗りや南の海の魅力を感じてもらい、そんな想いで書かれた本だそうです。

・タヒチ
・G-ランド
・バリ
・バイロンベイ
・コスタリカ
・モルジブ


サーファーなら誰もが胸踊る世界のポイントでのサーフィンに加え、全部で11のサーフトリップが私達同じサーファーの目線で綴られています。

仕事と休暇をやりくりしながら、現地の人との出会いや、ご当地フード、カルチャーなど海外サーフトリップを楽しむ著者のライフスタイルに、普段忙しさに流されている自分の生活を考えさせられました。


巻末のあとがきに、

夏は好きだ。青い海、強い日差しが照り付けてくる晴れ上がった空。<中略>そしてそこには今までに見たこともないような、素晴らしい波が立っていたら・・・
  
あるとき急にこのような考えを思いついた僕は、早速部屋で地図をながめはじめた。もともと旅好きの僕は、普段から地図を見ながら、次はどこへ行こうか考える。
  (※南海楽園 あとがきより)

と著者が綴っています。

まるでエンドレスサマー2のウィングナットとパットが深夜にサーフトリップを決めているシーンが浮かんでくるような、そんな著者の心情が表れたこの言葉は、まだ見ぬ世界中の波を捜し求めるサーファーの言葉であり、同じサーファーである私の胸をつかんで離さない、ロマンを感じました。

ぜひ、続編が出ることを期待していますし、機会があれば会って直接お話しを聞きたいサーファーです。

++余談ですが++
本の中の素晴らしい写真も著者が撮影したものあるそうです。
サーフィンに加えてカメラもプロ級だということで、アタマが下がります。



↑この記事を、
1.面白いと思った!
2.う〜ん、イマイチ!
・・・のどちらの方もランキングサイトへGo!!!
blogランキング参加していますので、明日への活力を下され〜






2005.09.11 Sunday 19:04 | サーフィンにまつわる本 | comments(3) | trackbacks(2) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ