サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
■日焼け対策

フルスーツとおさらばまで、あともう少し。
温かい海とギラギラと照りつける日差し、
そして水着の女の子、僕らをワクワクさせてくれる季節は
すぐそこまで来ている。
でも、そんなパラダイスの前に、
どうしても通り抜けなければいけない関門がある。

日焼けだ。

出来れば毎週、いやせめて最低2週間に一度ぐらいは海に・・・が
精一杯なオヤジサーファーには、たかが日焼けとあなどれない。

冬の間、多少は日に焼けてきたものの、まったく皮膚に下地がない状態。
そんなところに5月の日差しは、黒く焼けたたくましい
海の男へと変身させてくれる、いわば儀式みたいなもの
とわかっていても、できればすんなりとすり抜けたい。

しかも日焼けの原因となる紫外線が、かなりやっかい。



日光に当たってからしばらくすると赤くひりひりとした炎症が起こり、
場合によっては水ぶくれに。 これは典型的な紫外線の仕業だが、
被害はそれだけにとどまらない。
皮膚には、シワ、シミ、時には良性・悪性の腫瘍まで現れ、
その時点で、治療しなければ生命に関わることに。
そして目に対しても脅威で、角膜円や結膜炎のほか
白内障などにかかる可能性があるとか・・・あーこわ。

で、どのようにすれば、防げる?という話であるが、結局、
最近はかなり目にするようになったサーフハットを着用するか、
日焼け止めクリームをマメに塗りなおしたり。
最近、たまにみかけるサーフィン用のサングラスも、
あれは上手くないと掛けにくいなんて言ってられなくないそう。
あとは、紫外線にあたると日焼けによってコラーゲンや
活性化酸素が増え身体の栄養素が足りなくなってくるので、
紫外線を浴びやすい時期に備えて、あらかじめ栄養素を蓄えておくとよいそうだ。
日焼け止めもサーファーが考えたサーファーのための・・・なんて
売り込みのものも増えている。

オヤジサーファーはあまりに赤ら顔で職場に・・・というのも、
悪くはないけれども、出来れば確実な知識の元、日焼け止め対策を
施し、スマートに海を楽しみたい。

そして、一番気になるのは、やはり自然環境。
よく耳にするオゾンホールの拡大。この拡大により、
大規模な紫外線が降り注ぐ結果に繋がるのだとか。
日々の生活のなかで個人レベルの努力のなかでも、少しでも拡大を
食い止めることに貢献できることを探して実践してみるのも
良いのでは。

裸にトランクス、そして水着の女の子が似合う季節に、
日差しを浴びれなくなったら、きっとサーフィンの楽しみは
半減してしまうに違いないと思うから。


◇オゾンホール
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

◇地球は今
◇環境学習データバンク
◇YAHOO!スポーツ広場
◇クマでもできる紫外線対策
「紫外線に効果のある食べ物」

◇AllAbout 紫外線対策といえば


で、肝心のサーフィンは、久々のトリップでGWは、4日と5日に千葉へ。


夏を思わせる日差しもあったので、2時間おきに海からあがり、
日焼け止めの塗りなおしをマメにおこなったせいか、
かなりの時間を海で過ごしたにも係わらず、
ひどい日焼けは回避!


今回のサーフトリップは、大東からスタートして、波を求めてひたすら南へ。




途中、民宿で千葉の海の幸に舌鼓を打ち、




南西よりの風で多くのpointが風があってなかったけど、
非常に楽しい時間をすごし、そして、最終日の5日の千歳。


バックウォッシュがかなりきつかったけど、
サイズ、形ともに良かったので、良い形でトリップを締めくくって
くれました。
2007.05.14 Monday 02:01 | こネタ | comments(17) | trackbacks(3) |
■冬支度は準備完了?
 私たち哺乳類は定温動物である。

 定温動物とは、気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、自らの体温を一定に保つことが出来る動物のこと。

 例えば外気温が高い場合、汗をかいて体熱を放散させて体温を下げ、逆に外気温が低い場合には、体をガタガタ震わせたり、身震いして筋肉の摩擦熱を起こして体温を上げる。

 私たちの体は、まったく良く出来ていると思わず関心させられる。


 しかし、ここ数年、このブルブルッによる体温の上昇が心なしか弱く、
なんとなく真冬の海が億劫に・・・

 これは、加齢によって現れた体温調節中枢の機能が衰えらしく、
どうしても避けては通れない(?)ことのようだ。

 今年は湘南・千葉の海に入ることになった最初の冬。
聞くところによるとその寒さはかなりのものだとか。

 「そんな冷たい水の中で、とてもブルブルブルっで体温が上がってくるのなんて
待っていられない!」な30半ばすぎの体を想い、寒さ対策でインナースーツと、
水中でも使用可能なカイロを購入した。

 このカイロは温度は50度くらいまで、1時間30分間ぐらい暖かさが持続するとか。
そして簡単な手入れで何度も繰り返し使える優れものであるのも非常に嬉しい。

 寒さを感じなかった頃から比べた今の体はなんとも嘆かわしい限り。
しかし。 冬のサーフィンライフを楽しく過ごせそうなこんなギアがある限り、
海に向かう足は遠ざかりそうにもない。

2006.11.28 Tuesday 02:23 | こネタ | comments(0) | trackbacks(0) |
■モバイルで台風情報をキャッチ!
台風シーズンは、お天気サイトから目が話せなくなりますよね!

一応、IT会社に勤務していたりしますので、一人一台、PCが割当てられていまして。

今年の台風シーズンは、デスクワークなんてそっちのけで!
PCの前にかぶりつきでした★



ちなみに皆さんはどこのサイトで台風情報をキャッチされますか?

台風の位置と波浪情報なら、国際気象海洋(株)の提供するサイト沿岸波浪予想(気象庁発表)ですかね、やっぱり。
あとは、Yahoo!天気情報も非常に見やすいのであわせてチェックいたします。。。


でも、既にサーフトリップに出発してしまっていたり、ポイントで台風情報などの天気情報が欲しい!となると・・・有料の携帯サーフィンサイト?になってしまいますよね。


そんなサーファーの皆様に朗報!
ヤフーがモバイル版「Yahoo!天気情報」を大幅リニューアル!
・パソコン版Yahoo!天気情報とほぼ同様の内容を無料で提供
・早くて正確!台風情報や地震情報など豊富な防災情報
・大画面液晶のケータイに対応した鮮明画像

などなど。


私も早速、モバイル版にアクセス!
確かに、台風情報なんて大きな予想天気図で見やすいです!
百聞は一見にしかり!
ぜひ一度、皆様の目で確かめてみられては。


■関連情報■
モバイル版「Yahoo!天気情報」
http://weather.yahoo.co.jp/weather/promo/mobile/





「最近、海にいけてます?」
海に行ける人もいけない人にもいつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、サーフスタイルブログを目指します!

2005.10.12 Wednesday 16:41 | こネタ | comments(0) | trackbacks(2) |
台風(2)


インターネットを使ってちょいちょいと調べてみると、ありました!
非常にわかりやすく解説しているサイトです!

■北本朝展/国立情報学研究所http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/tcnames.html.ja#2.4

このサイトによりますと、台風の命名は大きく分けて二通りで、
ひとつは、日本でも非常に馴染みの深い呼び名、台風○○号は、
台風シーズンに発生する順に番号がつく「番号方式」と呼ばれています。



もうひとつは、マーワーやグチョルは、リスト方式と呼ばれる方式で、
世界の気象機関が設置する委員会で、あらかじめ決定しておいた
台風名のリストから、台風が発生するたびに順々に名前を選んでゆく
方式だそうです。(知らなかったでしょ?)



それに、アメリカに上陸した台風の名前に女性の名前が多いと
気になったことはないですか?
私は台風の与える猛威と名前のギャップが印象的で・・・



その理由ですが、台風名のリストを作成する際、米国空軍や
海軍の気象学者らが、彼らのガールフレンドや妻の名前を
愛称として使ったことから、女性の名前のみが使用される事に
なったのが原因だそうです!!



でも、その後、男女同権に反するということで、
1979年以降は男性と女性の名前が交互に用いられております。



また、この人の名前は、特に米国ではハリケーンに親しみをもたせ、
人々の記憶を助けるものとして効果も発揮したそうですよ。



ちなみに台風のアジア名(今回のマーワー、グチョル)というのも
あり、これらには人名へのこだわりはなく、動植物や自然現象などが
中心でかなり多彩!



<北本朝展/国立情報学研究所>のサイトには、アジア名ほか台風・
気象に関するコンテンツがたくさん掲載されていますので、
海がクローズのときなどは、グランドスゥエルに思いを馳せながら、
ご覧頂くのも良いのでは。。。
2005.08.24 Wednesday 22:32 | こネタ | comments(0) | trackbacks(0) |
台風(1)


台風11号と12号がもたらすグランドスゥエルとの
一期一会の出会いに、サーファーの関心が注ぎ
まくられている今日この頃。


各地台風の被害が懸念されており、少々不謹慎な気が
しなくもないですが・・・


逐一更新されるインターネットの天気予報の台風の進路に、
週末の行動を考え、サーファーの皆様は、
一喜一憂されているのでは。
(それにしても便利な世の中になったものですね)


ちなみに、非常に強い勢力で厳重警戒の必要があると
いわれている台風11号(アジア名:マーワー)。


24日0時には父島の西約500Kmにあり、このまま進むと
25日21時には東海地方付近に、26日21時には日本の東付近に
到達する見込みだそうです。


この付近の海域はシケ〜大シケとなるため、初心者の方だけ
でなくサーファー全ての方が、“時には辞める勇気”を持って
ポイントへ向かいましょう。



実は私もご多分にもれずインターネットの恩恵を享受している
人間でして、仕事の合間をぬってはネット上の天気図の台風の
動きをながめながらブツブツ言っておりましたところ・・・
“ん?”皆様気になりません?


<マーワー>

<グチョル>


これは、今回の台風11号と12号の名前なんです。


そういえば、天気予報で知らされる台風の名前が人の
名前みたいだったり、はたまた○○号って・・・普段、
台風の発生と経路には敏感なはずなのに、
あまり気にせずに流してしまっておりましたね、私は。


そこで、今回は台風につけられる名前について、
インターネットでちょちょいと検索してみましたが、
この続きは次回に★★
2005.08.24 Wednesday 02:02 | こネタ | comments(0) | trackbacks(0) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ