サーフィンのうまい下手に関係になく好きやったらエエやん!
海に行けるときもそうでない時も、気持ちはいつもサーフ気分♪ 「のんびり波のリズムの暮らし」を目指す、サーフスタイルブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.14 Monday | - | - | - |
■永遠に、記憶の中に焼きつく一瞬。【メニィ・クラシック・モーメンツ】
アロハ〜青い空、最高の波に思いを馳せながら、対象的に全く余裕のない日々を送っています。

相変わらず出張の多い私は、ポータルDVDプレイヤーとサーフムービーがもはや手放せない状態。 
これまで旅のお供となってきた数多くのサーフムービーの中で、
乾いたビジネスマンサーファーのオアシスとも言える、
癒しの1枚に出会った。

その名は、【メニィ・クラシック・モーメンツ】。メニイ・クラシック・モーメンツ


少し前の記事でも紹介し、GMさんからもオススメしてもらったこの映画。DVDが発売されているのを知り、早速ゲット!
立て続けに3回は見ました、この映画!

また一本、最高な映画に出会えたというのが正直な感想。
サーフィンを本気で好きで良かったぁと、心底感じさせてくれる映画です。

最近良く話題になる、独特の世界観の映像や音楽のおっしゃれぇ〜なサーフムービーもええねんけど、本当のサーフィンの楽しさがひしひしと伝わってくるサーフムービーの原点のような、こんな直球の映画が、やっぱり私は好きですね。


1976年に製作された、【メニィ・クラシック・モーメンツ】。
オーストラリア、ハワイ、ジェフリーズベイの最高の波で、
厚めのショートボードにシングルフィン、今で言うレトロなボードでマイケル・ホーやマークリデルらが繰り広げるパワフルなライディングシーンの数々。 

そのライディングシーンのバックに流れるカラパナの音楽は、頭を激しく上下するような音楽とライディングシーン満載のサーフムービーとは明らかに一線を画していて、サーファーが波と戯れる心地よさを感じさせるから不思議だ。
本当にサーフムービーは音楽が大切だとつくづく感じますね。


ライディングシーンの間に盛り込まれた、ビキニのビーチガールや様々な表情を見せる波、空、友と行くサーフトリップのシーン、終わらない夏。
そして、映画を見ている私に、サーフィンやサーファーについての考え方を語りかけてくる心に染みるナレーション。
それらのどこまでもがリアルで印象的。映像を作った側が見ている側をおきざりにするのではなく、その場に引き込んでくれる。


また、スケートボード、ファッション、車、音楽、サーフブランド、
シングルフィンの浮力たっぷりのサーフボードとそのライディング。
当時のビーチカルチャーやサーフカルチャーがてんこ盛りで、
1970年代を垣間見ることが出来るのも必見だ。



最後に、映画の中で投げかけてくれた、メッセージのひとつ。


すべてをやり終えたらサーフィンに出かけな。
たとえコンディションが良くなくても・・・
夕方家路につくころには
頭が冴えるだろう。
心配事は波に流せ


まさに今の私にぴったりの言葉だ。

サーファーが遭遇する様々な一瞬、サーファーなら誰もが持つ一生忘れることの出来ない鮮烈な一瞬、それが、【メニィ・クラシック・モーメンツ】のテーマであり、たとえサーフィンに行けなくとも、そこに波を、夏を感じることが出来る素晴らしい映画だ。

リビングでワインでも飲みながらリラックスして見て頂きたい、サーフィンが大好きで良かったとつくづく感じることができるオススメな映画です。


”keep surfing”



いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.12.06 Tuesday 02:23 | sunny beach的サーフムービー | comments(2) | trackbacks(2) |
■波とボードのシンクロが織り成すエクスタシー!
前から欲しかったツインフィンのフィッシュボードを購入しました。

これがまた、ぽってりとしたレトロなフォルムのサーフボードで、
非常に愛らしいボードです。



サイズは、5.7. 21. 2.7/16(長さ170.2cm幅53.3cm厚み6.2cm)。
厚みも幅もサイズのあるボードだったので、
どんな乗り方になるのかとめちゃくちゃ楽しみにしてたけど、
なかなか海に行ける機会が訪れない。。。

まるで蛇の生殺し・・・な状態で、せめてNEWボードのライディングの
イメトレにしようと思って買ったのが「GLASS LOVE」です。


GLASS LOVE
GLASS LOVE

映像を手がけるのは、若き映像作家、アンドリューキッドマン
実はこの作品は彼の2作目で、前作もかなりメローなサーフムービー。

「GLASS LOVE」のオープニングタイトルあと、ノスタルジックな気分にさせる音楽と、きらきらと金色に輝く水面の上を、ゆったりと滑るように走るロングボードの上で、まるで自由奔放に波と戯れるダンスのようなライディングを見せるシルエットの女性。 冒頭からこれまでのサーフムービーへの固定概念を覆させられる映像です。

作品は、大自然と素晴らしいバレル、そして、サーフィンをこよなく愛する人たちのサーフスタイル、そしてお目当てのレトロなフィッシュボードや、ショートボード、ウッドボードなど、時代にも長さにもとらわれない複数のボードによるライディングシーンが、ゆったりとした音楽に合わせて繰り広げられ、見終わった後のなんとも言えない心地良さに近い感覚を味わえる。

これは、全編に込められたボードと波の一体化が、さまざまなライディングシーンによって描かれていて、それによって到達するエクスタシーを感じたからだと思う。

「サーフィンをしてて何が一番快感であるのか?」
 
に対するアンドリューキッドマンなりの答えが、この「GLASS LOVE」なのかも知れない。


そして、字幕がない映画なので添付されている日本語訳にも目を通してみると、共感の得られた部分を見つけた。 それは、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は歳をとり波乗りの技量が衰えようとも、
心が身体に取って代わる事も知った。

肉体が衰えても努力を続ければ依然として100%でいられる。

私のサーフィンが衰えようとも、そこから得られる喜び、
報酬は依然として完璧で、得るべき価値のあるものである。

(※日本語訳:スティーブ・ペズマンのインタビューより引用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という部分。

私自身が、一生涯、サーファーでいたいと思う理由をシンプルに言いあらわしてくれていて、気持ちの良い言葉で、sunny beach的にかなり充実した作品であったと思います!


◇GLASS LOVEの完全解説(日本語訳)はコチラ!


◇ニール・パーチェイスJrが披露したライディングはこのボード!



「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.17 Monday 04:00 | sunny beach的サーフムービー | comments(0) | trackbacks(0) |
■やっぱ、最高にピースなライフ・オン・ザ・ビーチでしょ!
台風スゥエルの影響で、楽しめてるポイントもあるようですね〜
なのに!しかも今日は土曜日なのに!通常出勤日です(がーん★)


ふてて、ぶらぶらとネットサーフしていると・・・


お!めちゃくちゃカッコいいサイトを発見!!


と思ったら、なんと、映画Sproutのオフィシャルサイト!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スプラウト(初回限定盤)

カリフォルニア州サンタクルーズ在住のフォトグラファーであり、
映像作家でもあるトーマス・キャンベルが製作:監督を務める作品。

ジュエル・チューダー、ロブ・マチャド、スキップ・フライ、ケリー
・スレーターなど、世代も様々な世界的に有名なサーファーが登場
し、ロング、エッグ、フィッシュなどのこだわりがなく、波に乗る
人の自由なスタイルを描く最高にピースなライフ・オン・ザ・
ビーチムービー!
音楽はあのジャック・ジョンソンやトミーゲレロらが参加!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

非常に和めるアートな写真がたくさん掲載されたオフィシャルサイト
には、映画の予告編とサウンドトラックも楽しめます!


まさにsunny beach度満点
映画です!ぜひ、映画を見た感想をお知らせしたいと思いますが、
それまで待てない!映画館で見たい!
と言われるせっかちな方!見れる映画館もあるようなので、オフィ
シャルサイトの劇場情報へどうぞ!


◇映画【Sprout】オフィシャルサイト
http://sprout-movie.com/

もっともっと映画【Sprout】の魅力に触れたい!
と思う方にはこんなサイトもありまっせ。。。
◇MSN Styleサイト
http://special.msn.co.jp/jun2005/photo/photo7/top.htm




「最近、海にいけてます?」
いつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、
サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.15 Saturday 16:59 | sunny beach的サーフムービー | comments(6) | trackbacks(0) |
■サーフムービー thicker than water
sunny beach的サーフムービー選びは、このブログのコンセプトと同様、

■いつもサーフィンや波を感じることができる感覚になれるかがポイント。
■テクニカルな内容ではなく、サーフィンの本質を語るようなスピリチュアルなもの。
■30歳も半ばを迎えたこともあってか、焼肉屋でも赤身よりホルモンなどの白身をゆっくりと時間をかけて楽しむことがめっきり多くなったのと同様(?)、できればリビングでまったりと出来る!

などが当ブログの勝手なオススメ度基準です。

【thicker than water】

▽このサーフムービーに関する情報▽

Thicker Than Water / (Coll)
Thicker Than Water / (Coll)

音楽家、映像アーティストとして、実はサーファーとしても実力・人気のともに高い、ジャック・ジョンソンが映像を担当した、彼の初作品【thicker than water】を観ました。

内容は、インド、タヒチ、オーストラリア、インドネシア、ハワイ、アイルランド、シークレットなどで、グリングリンに巻くチューブをバン!バン!メイクする、一流サーファーのトリップやセッションが迫力のある映像が収められており、全編を流れるメローな音楽とあいまって、奥の深さを感じさせるサーフムービー。


サーフトリップで訪れた都市の風景やそこに住む人たちの表情や、驚くことにカラニ、テイラー・ノックス、ケリー、ロブ、ティム・カレンなどのトップスターのライディングや悪ふざけをするリラックスした彼らの表情も映像として収められていて、見終わったあとの感想としては・・・・

なんか、ゆったりとしたフレンドリーな感覚??


私自身、うまく言葉にできないので、早速、本編以外に収められている、ジャック・ジョンソンやマロイなどのコメントが入った「リッスン」というコンテンツを見て、そして解説書も読んで、なるほど、なるほど。。

もともと、このムービーは、他のサーフムービーでは表されていないトリップやセッション伝え切れていない深い部分を伝えるであるそうで、その伝えきれていない部分というのが、サーフィンを通じて知り合った人と人との絆や友情。それらをジャック・ジョンソンやクリス・マロイたちが描くとこのような映像に仕上がるのですね!


サーフムービーにそこまでは深くは・・・と思われる方にも、選び抜かれた音楽と、非常の多く盛り込まれている一流サーファーのライディングシーン、そして世界中の変わった場所でのロケは十分に見応えがあり、そういったサーフムービーをお好みの方には良い作品です!!


私的には冒頭の基準から、まったり度合いも望みますので、一流のライディングシーンも良いのですが、サーフトリップに行きたくなるような、ポイントの紹介や波の様子、土地の情報なども観たかったです。

ただ、もう少し、ジャック・ジョンソンの世界観を見てみたい気がするので、セプテンバーセッションズも観てみる予定です。


映像クオリティー:★★★
ライディングシーン:★★★
音楽:★★★
まったり度:★
sunny beach度:★



<関連情報>
○ジャック・ジョンソン公式HP
http://www.jackjohnsonmusic.com/
○ジャック・ジョンソンの対談(サーファーズファイル.com)
http://www.surfersfile.com/music/s-music-10.htm




「最近観た心に残るサーフムービーは?」
海に行ける人もいけない人にもいつも海を感じていたいサーファーの皆様にお送りする、サーフスタイルブログを目指します!
2005.10.11 Tuesday 01:33 | sunny beach的サーフムービー | comments(0) | trackbacks(0) |
サーフムービー(1)
この間、アンドリュー・キッドマンの2作目、
「GLASS LOVE」のDVDをついにオーダー!



デュアルフィンのフィッシュボードで、
かなり厚みにボリュームを持たせた短めのボードを
購入する際に存在を知ったのがこのサーフムービー。


なんでも、ロングボードが全盛期だった1960年代後半から
ドンドンボードのサイズが縮小されてゆき、
最終的に今のショートボードに行き着く間に、
生まれたムーブメントがあり、その時に流行したのが、
大きく切れ込んだフィッシュテールと、
たっぷりとした厚みと幅のボードらしく、
私が購入したボードもその当時、流行したボードの
フォームを使った復刻版です。


生活の中にあるものすべて含め、古くて新しいデザインにひかれ、
ふと気になるとそれらが70年代のいわゆるレトロ。
もうオヤジな私の年が関係あるかどうかは別として、
この魅力的な70年代のサーフスタイルが凝縮ということなので、
こりゃ買わんとあかんでしょう?
なわけで「GLASS LOVE」です。


届き次第、皆様に感想をご報告しますね!
2005.08.26 Friday 02:29 | sunny beach的サーフムービー | comments(0) | trackbacks(0) |

special site

↑インテリア雑貨「sunny style」
Let's Get Wet!


3mm


お天気

このページの先頭へ